架空庵の日々

まったり生活をこよなく愛する凡人のごく平凡な日記兼雑記帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう9月

いやあお久しぶりでございますな
という訳で今回はリハビリかねて映画の感想を長めに
またかとか言わない

・全仮面ライダー、集結せよ!
てな訳で劇場版仮面ライダーディケイド見てまいりました
いやあ予告の段階からあっれこれヤバくね?観客興奮しすぎて死ぬんじゃね?と期待だけが膨らんでた訳ですが、
見終わった感想としてはやはり「あー楽しかった!」の一語に尽きるかと

以下ほぼ全部のネタバレがありますのでディレクターズカット版までとっとくんだい!みたいな人は士道御覚悟願います

いや凄かった。ホントに
だって初っ端からアマゾンですよ?
しかもCV関智一ですよ?
テンションフルスロットルな雄たけび(cv関智一)を上げながらディケイドに襲いかかるアマゾン!
その名前にふさわしく噛みつき攻撃などワイルドな攻撃をお見舞いするアマゾン!(cv関智一)
カメンライドで化け物退治の専門家響鬼になり鬼火を吐かれるもまともに渡り合うアマゾン!(cv関智一)
お約束の唐突な必殺キックで撃退されるまで大暴れしていたアマゾン!(cv関智一)
そりゃ心を掴まれるわといった塩梅で
まあその後のノリノリな実況とは真逆のガッラガラのスタジアムで頭が冷えましたが
それでも次々に現れるライダーたちの姿にすげえすげえと子供のようにはしゃぐ男の姿が劇場にありました
ていうか俺でした
だって光ってるリボルケイン振り回しながらヤる気満々で迫ってくるRXとか3vs3の面子がVスリャーブラックスーパー1とかもう失禁物ですよ(主に勝てるわけがねえ的な意味で)
そこを主人公補正で何とか乗り切ってお話が進むわけですが
お話自体は色々言われてるようにパラレルだのなんだのという位置づけもありなかなか手放しで褒められるものではなかったのですが
(特に本編があんな終わり方した後では)
まあそこは「こまけえこたあいいんだよ」の精神で乗り切って後半へ
ああ鳴滝さんって不審者じゃなかったんですね!
TV版では沢城みゆき声の蝙蝠に指を噛ませて絶妙な顔を披露したり鎌田を連れ回し実験したり化け蟹を出汁に鬼たちの演奏会を開かせたり今一立ち位置が分からなかった彼は一応正義側の人間であることが証明できて何よりだったはずです
ともあれライダーを集めようぜ!となった主人公と相方を除くTVレギュラーたち
ヒロインと準ヒロイン(男)が勧誘に行った先が王蛇+キッパーとかもう目も当てられません
案の定決裂しましたがその際召喚されたのが原作で王蛇にころころされた面子だったり弟だったり無駄なサービスを忘れないのがディケイドスタッフです(褒め言葉)
なんだかんだでディケイドも合流し、風雲大ショッカー城にカチコミかける訳ですがそこに増援として現れる歴代ライダー全員
やはり何をどう繕っても、あの一列に整列したシーンは感無量というか劇場に人がいなければ悶絶して床で回転を始めかねないほどでしたとも
そしてそれぞれ戦闘が始まり歴代の作品から出てきた悪役相手に立ちまわるのですが
やっぱりシャドームーンは強かった
色々あって洗脳が解けた相方と2対1なのに歯牙にもかけられないという
パラレルなのに
そこに颯爽と大人の事情で駆けつける半分こ怪人ことW
立木ボイスを響かせながら手に持った鉄パイプでシャドームーンへの圧倒的な暴行を開始します
そして壁に磔にすると昨今の若者にありがちな協調性のなさで即Uターン
(もうアイツ一人でいいんじゃないかな)(何をしに来たんだろう…)等の感想を残しつつお膳立てされたのでそのまま身動きの取れない影月さんにキックの雨をかましてやった!劇場版ディケイド完!
と思ったらまだ何かいたというか病欠かと思われていた彼の出番用のキングダークが
まあしかしまさかディケイドがあんなことになるとはね!と今更本編OPでもかなりの部分まで明かされてるオチを伏せて今度こそ劇場版ディケイド完

しかしここまで楽しむためには理屈を抜きで見ざるを得ない、という映画も久しぶりでした
やっぱり大きなお友達は小難しいことを考えて勝手に自家中毒に陥っちゃいますし
特撮は子供たちのためのものですよ?
心が子供な人は目をキラキラさせて楽しめる映画でした

最後に子供に怪物みたいなの扱いされていた真さんに哀悼の意を捧げ今回の更新を〆たいと思います
スポンサーサイト
  1. 2009/09/04(金) 16:28:40|
  2. 正常な日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

超疲労したけども

ふひゃあ
コミケに行ってました
前回とは違い妥協せずにコミケにこだわりたい
という思いはほぼなく一日目にすべてを賭ける感じでした
その甲斐あってか目標としていたサークルさんはほぼ全部回れたので満足でございます
色々ありましたがね
やっぱり物作る人間としてはああいうとこ行くと空気に当てられますな
何て言うかこうあああいつらいい空気吸ってやがんなと
俺もあっち側に行きたいな行くぞ行けたらいいな行こう行こう

あと分かったんですが眠い中高速走るのって怖いネ★
朝方でなければ死んでいた…
  1. 2009/08/19(水) 21:30:14|
  2. 正常な日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

毎月一日は

映画の日!
ということで午後は映画漬けに
まあサマーウォーズとヱヴァ(5回目)なんですけどね
・サマウォ

普通に面白かったです、ハイ
いたって普通の娯楽作品に仕上がってる感じですね
仮想世界におけるCG表現に関しても申し分ないと思います
まあ監督が以前手がけた「ぼくらのウォーゲーム」的な世界観の焼き直しじゃないか
とも事前に言われてはいましたが当方それ見てないので一般の方と同じ目線で見れたわけで
それでこれなら良い出来なんだろうな、と
映像作品は動いてナンボです
カズマ君がヒロインしてたりラブマシーンがカッコよかったり
夏休みにふさわしい娯楽映画ではないでしょーか

うん、今日は疲れた!
  1. 2009/08/01(土) 23:00:10|
  2. 正常な日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オシゴトデヤッテルダケカモヨ?

林檎もぎれビームが良曲すぎて色々漏れそうに。
絶望先生周りのオーケン曲って大体疾走感と言うか開放感があるんですが今回はそれが極端に強いというかこっちまでぶん投げられそうになるというか。
TVサイズだとサビに入る部分の映像も相まって実に良い。
テンションが上がる曲っていいですよね。
しかもこう単に前向くだけじゃなくて後ろ向きな情動に基づく前進。

色々とこっちの情動をくすぐるものにここんとこ触れてます。
色々と、気合入れてやんなきゃだわ。

朝まで生ワンホビにつきあった朝っぱらでした。
  1. 2009/07/27(月) 05:48:36|
  2. 正常な日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャフトシャフトしておる

戦場ヶ原さんが魅力的すぎて生きてるのが辛い
でも本命は神原後輩
そんな連休終わり。
  1. 2009/07/21(火) 01:35:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

架空庵 

Author:架空庵 
田舎に生を受ける惰眠を好む凡人。重度のオタクでありながらそれを必死に押し隠して生息中。抜けるような酸味と、後を引く苦味が持ち味。
「卍解はまだできないけどきっと覚えます」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

足跡カウンタ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。